数年前にFXで得た利益を申告しなかった主婦が起訴されたことがありました。
あの有名な主婦の方は、たしか4億円もの利益を出していたはずです。
その他にも小学校の校長先生が国税局にばれにくい店頭窓口での
FX取引をおこない3億円の利益隠しをおこなったこともありました。
このようにFXで大きな利益を得た場合に、できれば確定申告をせずに
利益を隠したいと思ってしまうのは人間としての当然の心理なのかもしれませんが
残念ながら、これらは「違法行為」です。
せっかく多額の利益を得たと言うのに脱税をして、
お天道様の下を歩けなくなるのは「幸せ」なことではありません。
正しく確定申告を行って、納めるべきものを納めるのが
あるべき姿ではないでしょうか?
しかしながら「脱税」と「節税」は意味が全く異なります。
私は「脱税」には反対ですが「節税」に関しては、
大いにやるべきだと思っています。
せっかく得た利益を決められたルールにのっとって、
少しでも手元に残す方法を考えてみましょう。
サラリーマンなどの方がFXをやっている場合、
年間の利益が20万円を超えると確定申告が必要になります。
しかしながら、確定申告を行う際に「FX」に関連する費用が
「経費」として認められる場合があります。
例えば「FX」の取引を行うためにFX関連の書籍を購入したり、
有料のセミナーに参加した場合などです。
その他にも、取引に使用しているパソコンやインターネットの回線費用
なども経費として認められます。
ただし、完全にFX取引でしか使用していない場合と、何割かは違う件でも
使用している場合とでは認められる経費の割合が変わることがあります。null
例えば年間の利益が30万円だった場合であっても、
年間の必要経費が30万円だった場合には相殺されて所得が0円となり、
税金がかからない場合もあるのです。
ただし、いくら所得が0円になると言っても年間の利益が20万円を
超えた場合は必ず「確定申告」をおこなってください。
「確定申告」をしなければ、いくら必要経費があったとしても、
「脱税」ということになってしまいますので、注意して下さい。