給与収入がなかなか増えない中、日々の生活費の節約に励む方は多くなっています。
それにともなって株式やFXなど投資を始められた方は多いのではないでしょうか。
たとえ投資といえどもこちらも立派な節税対策が必要です。
投資は20万円までは雑所得とみなすことができて確定申告をする必要がありません。
この範囲内で上手く収まれば良いのですがそれ以上になってしまった場合は確定申告をしなければなりません。
私は個人投資家ですが余剰資金を外貨預金の運用のつもりでFXをやっています。
それほど投資資金が多くないのですが、コツコツやっていたところたまたま確定申告が必要なほど利益が出てしまったのです。
申告しようか悩みましたが、後から調査などで調べられたときのことを考えると困るので確定申告をしました。
すると多くはない利益に対して税金が20%もかかってしまいます。
少ない資金ですから特に税金のことは気にしておらず、確定申告が必要なほど利益が出るようになれば考えればよいと思っていたので少しショックでした。
たまたま経理の経験もありましたので経費算入の知識もあり家計簿も記録していたため自宅にあった領収書で消耗品費や光熱費など細かく計算して経費の対応をしました。
そしてなんとか税金をおさえることができました。
利益があったといってもそれほど多くはありませんので税金がかかってしまいますとさらに少なくなってしまいます。
今後しっかりと経費など税金対策に望みたいと考えています。