株式だと証券会社の特定口座がありますから、毎年の損益にかかる税金に関して、申告分離にするか源泉にするか、特定口座の明細を見れば一目瞭然ですから、選択しやすいですよね。
でもFXの場合、FX証券会社では、手数料は取るものの、損益をどう申告するかは投資家任せですから、どちらを選ぶのが有利かは人によって大きく違うものです。
通常、申告分離の場合には、何に使っているのやら震災復興税を含め、利益マイナス手数料の20.42%を支払います。
もし、損益マイナス手数料がマイナスの場合、ゼロに何をかけてもゼロですから、支払いも還付も何もありません。
一方、源泉にした場合は、投資で得た損失はそのまま給与所得から社会保険や扶養控除を差し引いた課税所得に足され、その額を基にした税率で所得税、住民税が決まります。
無論、利益マイナス手数料がプラスなら、給与にかかる税率も上がるので、まったくおいしい話ではありません。
一方、損益マイナス手数料がマイナスなら、全体の課税所得が減るので、給与にかかる税率も下がり、還付金が期待できます。
ただ、利益マイナス手数料がプラスでも、我が家のような子沢山で、ようやく夢のマイホームを実現した家庭では、あながちいつもおいしくないとは限りません。
我が家では、扶養控除額が大きいので、住宅ローン控除を満額還付受けたことがないんですね。
逆算すると、あと120万円所得が増えないと、満額還付にならないんです。
で、その道に詳しい友人に聞いたら、源泉にして自己申告ずべしとアドバイスされました。
その際、それにかかる通信費や器材も経費になるから、領収書を添えて、経費としてマイナスの申告をすべしと教えられました。
それで投資で得た利益が150万円ほどあったのですが、新規にパソコンや周辺機器を購入し、一年間のプロバイダー代とフレッツの使用料の明細総額30万円分を添えて申告したら、あっけなく経費になりました。
最初は何か言ってくるのかと思ったら、税務署員は、まさにめくら判のように、扱うんですね。
おかげで、投資の利益に対して一銭の税金も払うことはありませんでした。
ところが、驚いたのは、今年の住民税が予期していた額よりも毎月17000円も増えていたのです。
当たり前ではありますが、課税所得は増えるので、翌年の住民税も増えるのです。
結果、約20万円の足が出たわけですが、150万円を申告分離にしていたら30万円払うところだったので、10万円得をした計算です。
私の場合は得な結果で終わりましたが、申告分離か源泉かは人それぞれなのと、所得税だけでなく住民税のことも頭に入れてシミュレーションするべきという教訓だけが残りました。
所得税だけ節約できても、その分、住民税が増えれば、結果的に意味ありませんから。